排水管から水漏れさせてしまう行為

排水管から水漏れさせてしまう行為 水を使って排水できなければ生活に影響を及ぼします。排水管にトラブルが起きた時は、家屋にまで悪い影響を与えることもありますのですぐに修理をする必要があります。このようなトラブルを未然に防ぐために排水管 水漏れが起きないようメンテナンスを定期的におこなう必要があります。見えない部分だからとメンテナンスを怠っていると、大きな被害につながる可能性もあります。対策方法に難しいことはほとんどありません。十分に注意していくことが必要です。

■熱湯を流すと劣化する

水漏れを起こしている状況は、配管に何らかの問題を抱えている状態です。排水管の設計自体は、長期間使えるようにしています。物質である以上、経年劣化もしますが、日に当たることも少ないため紫外線劣化が起こりにくい部分です。しかし、いくら丈夫な設計でも、日常の使用がある程度の負担につながります。
排水管に負担をかける原因には様々なことが挙げられます。管が変形してしまうような使用方法をしていることが問題となることがあります。変形することで、わずかでも隙間を作ってしまうことが原因です。シンクでは、熱湯を使うこともあるでしょう。何気なく流していると、排水管が熱の影響で膨張し冷えて収縮する間に隙間を作り出してしまいます。接合している部分も弱くなり、傷めてしまうこともあります。
日常的に油を流してしまっている状況も危険です。油が固まり配管に付着していくため、水漏れの原因にもつながります。環境にも悪影響をおよぼす行為になるため、行わないようにしましょう。

■トイレは使えるものを守る
配管内で異物が詰まるのも、水漏れにつながる要因です。排水に負担を強いることになり、配管に隙間を生み出すことも出てきます。管が詰まると、排水が逆流する可能性もあるため、普段から詰まらないように管理をする必要があります。詰まるような固体物は、決して配管に落とさないなど日常での気配りなどが大切です。
特に注意が必要になるのがトイレです。トイレットペーパー以外のものを流すのは、絶対におこなってはいけません。掃除用のクリーナーシートを流すといったことも、詰まりの原因となることがあります。流せるタイプでも、厚みなどがあるタイプは1枚ずつ流すなど、排水管が詰まらないように気を配ることが大切です。トイレに流さずに、ごみとして処分したほうが、安全で手早く詰まらせる心配もなくなります。

■キッチンで油を流すのは厳禁

高温の油をシンクに流すと、排水管を痛めてしまうという事を知っている人は多いでしょう。しかし温度が下がった油でもシンクに流してしまうことも、管を詰まらせる原因になります。排水され流れていった油は、固まって管にこびりつき水流れにくくなります。配管の内部で徐々に付着していくことになり、排水管の径を狭めていきます。一度でもこびりついた油は、そう簡単に落ちません。何度も廃油を繰り返しているうちに、油は管へどんどん付着していき最終的に水が流れなくなります。
キッチンに油を流す行為は排水管が詰まりやすい状況を作り、水漏れの原因を作り出します。調理などで使用した油は、固形状にで可燃ゴミで捨てる、新聞紙などに吸わせて捨てるなどシンクに流す以外にも処理の方法はたくさんあります。常日頃から気を配っていけば、トラブルの防止につながるため十分に気をつけましょう。

■まとめ
排水管から水漏れを起こしている時は、床などに汚れた水が浸水してしまっている状況です。カビが発生したり、悪臭が発生したりと衛生上でも大きな問題を生み出します。水漏れを放置していると漏れたまま水びたしになってしまいます。床材なども腐食してしまうこともあるでしょう。床材が腐食すると家屋自体にも大きな影響を及ぼすこともあります。
トラブルが起きないように予防やメンテナンスを繰り返していって、どうしても水漏れが起こった時には、水道 修理ができるところに依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース